宝田絢子

名前: 宝田絢子

役職: 取締役 Web制作事業部

インタビュー

宝田絢子

Q:まずは、入社の経緯を教えてください。
大手採用媒体経由での入社です。エントリーシートと実績を送り、面接をして入社しました。
Q:どんな仕事を担当していましたか?また、現在はどんな仕事をされていますか?
入社当初はWebのアシスタントデザイナーというポジションでした。
最初は上司であるデザイナーさんから指示を受けて作業をしていたのですが、段々とWebデザイナーとしてクライアントと直接やり取りをする仕事を任されるようになりました。その仕事が面白くなり、ディレクターの仕事もしてみたいと思ってきました。
現在は、Web制作事業部全体を見ており、どちらかというと営業に近い形でクライアントとの関係性を構築しながら提案や見積り提出をしています。
会社全体では、主に人事担当として採用関係や、入退社時の手続きなどを行っています。
Q:宝田さんは社内で社歴が一番長いですが、12年を振り返っていかがですか?
本当にあっという間でした。
入社時は日々一杯一杯で、ワイズネットにここまで長く勤めることになるとは想像もしていませんでした。
振り返ってみても、デザイナーだけに留まらず色々なことを経験させてもらえたので全く飽きずにここまで来てしまったという気がします。

宝田絢子

Q:仕事もしくは会社の面白みを教えてください
案件進行中は色々と大変なこともありますが、納品・リリースが完了して最終的にクライアントから喜びや感謝の言葉を頂けた時に幸せを感じます。
また、人と話すのは好きなので、クライアントやパートナー、社内のメンバーの間に入り、関係者全員が満足する形で調整ができた時はとても嬉しいしやり甲斐を感じます。
Q:宝田さんのキャリアビジョンを教えてください
若い時は結構明確になりたいもの、理想とするものが決まっていましたが、今現在の自分がそうなれているかというと、全く違っているので、以前程明確に決めなくなりました。だからといって、満足していないかというと、それは違います。寧ろ、子供が二人いる状況でも働けていることは恵まれていると思っています。
年齢と共に自分の適性も分かってきた気がしますし、会社や家庭など取り巻く環境は日々変化していくものなので、自分が曲げたくない信念のようなものだけは大切にして、周りに迷惑をかけずにサポートしながら働いていきたいと考えています。
Q:宝田さんが思う採用するにあたって必要な資質や大切なことはなんですか?
個人的な考えになってしまいますが、自立した生活をする上で(お金を稼ぐために)働くのは必要なことで、大抵働く時間はプライベートな時間よりも長いのだから、割り切って嫌々働くのではなく仕事の中にも楽しみを見つけていけるかが大切だと思っています。
子育て真っ最中で、自分のプライベートな時間は皆無に等しくなっているので、尚更そう思います...

ページのトップへ

open